パートのように収入が低くてもお金は借りられる?

お金 借りる 収入低い

キャッシングやカードローンの利用条件は安定した収入があることなので、お金を借りるだけであれば高額である必要はなく、パートやアルバイトなどでも審査に通ります。

ただし、勤務を始めてからすぐでは安定しているとは認めてもらえないため、半年から1年間は継続して勤務しなければなりません。

高額の借り入れをしたい場合にはパートやアルバイトでは難しくなります。
お金 借りる 収入低い
まず、消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合、総量規制によって年収の3分の1までしか借りられません。

これは1社ごとではなく、貸金業者全体からの借り入れの総額になります。クレジットカードのショッピング枠はこれに含まれませんが、キャッシング枠は含まれます。

銀行は貸金業ではないため、法律上は年収によって借り入れ額の上限に制限はかけられていません。

しかし、銀行は安全に返済できると判断できる金額までしか利用を認めないため、遅延を起こさずに利用を続けていても、収入が少ないと高額の借り入れは難しいです。

パート労働者がお金を借りるために必要な書類とは
一戸建て住宅やマンションを購入すると、住宅ローンの支払いが大変になるので、夫だけの収入では足りず、奥さんの方もパートに出て、働くケースが少なくありません。

しかし子供の教育費などがかさむと、夫婦が共働きで稼いだお金を足しても足りない場合がありますから、そんなときは消費者金融や銀行にキャッシングをすれば、乗り切ることが出来ます。

パート労働者がお金を借りるためには、運転免許証や健康保険証などが必要なので、申し込みの際は用意しておいてください。

これらの必要書類が用意できない場合は、住民票やパスポートでもよいところがあるので、詳しいことはローン会社のホームページを見るか、電話やメールで問い合わせるようにしましょう。

多額の融資でなければ、収入証明書は必要ないですが、パートの場合はもともと限度額が少なめに設定されています。

限度額は長期で利用したり、返済実績を積み重ねれば増やせるようになるので、覚えておくとよいでしょう。